チョコレートの食べ過ぎはむくみにつながる?

チョコレートの食べ過ぎが、むくみにつながるかどうかは以下の通りです。

 

結論から言うと、これはチョコレートの種類によります。一口にチョコレートと言っても、その主原料であるカカオが使われている割合は商品により様々です。一般的にカカオの割合が少ないものは、甘味が強く、これは砂糖によって甘味が付け加えられているためです。

 

そして甘味のもととなる白砂糖は、摂取し過ぎると体内で余分な水分を溜めこむと言う性質を持っています。つまり塩分だけでなく、砂糖も食べ過ぎることでむくみを引き起こす可能性があると言うことです。

 

そのためカカオ含有量が少ない、砂糖がたっぷりと配合されたチョコレートは、食べ過ぎるとむくみの発生につながる恐れがあります。反対にカカオ含有量が多く、砂糖が配合されていないチョコレートの場合です。

 

この場合、甘味は少なく苦味、酸味が勝っているので食べにくいと言う方も少なくありません。しかしカカオは抗酸化力が非常に強い成分、ポリフェノールを豊富に含んでいます。

 

そのためこうした種類のものは、ポリフェノールの作用により血管が拡張され、血流促進により余計な水分や老廃物の排出が期待できるとも言われています。

 

ただしこの場合でも、一度に食べ過ぎるよりは、毎日、少しの量を食べ続けることが望ましいとされています。

 

 

 

チョコレートの食べ過ぎは便秘になる?

適度なチョコレートを食べることで便秘解消につながりますが、食べ過ぎると反対に便秘になる可能性があります。チョコレートを食べすぎることで便秘になる成分としては、まずは脂肪分が挙げられます。脂肪分が、腸の蠕動運動を妨げるのではないかといわれています。

 

そしてカフェインです。コーヒーや紅茶にも含まれていますが、腸の動きを刺激するため、便秘には効果的と言われていますが、反対に利尿作用が高く水分不足になることで、便が出なくなるともいわれています。

 

そのため水分をしっかり摂取することが大切になります。そして便秘になる原因は、チョコに含まれている砂糖にあるといわれています。便を排出するための腸は、砂糖に弱く、砂糖を食べ過ぎることで、一時的に腸の動きが低下してしまいます。

 

これにより腸にたまった老廃物が体外にでることなく、硬い便として残ってしまいます。通常のチョコレートであれば、成分の中に砂糖が一番多く含まれているため、砂糖の摂取量が多く食べ過ぎとなってしまいます。

 

高カカオチョコレートは、カカオの含有量が70パーセント以上で、砂糖がほんの少ししか入っていないため、便が出なくなることはありません。

 

気になる場合には、高カカオのものを選びましょう。

 

 

 

チョコレートは食べ過ぎると太るの?

多くの女性が好きなチョコレートは、昔は食べ過ぎると太ると言われてきました。でもこんなに時代は変わってきています。

 

ミルクチョコレートは、カカオ含有量は少なくその代わりに砂糖をたくさん使っているので、やはり食べ過ぎると太るということになってしまいます。でもビターやブラック等のカカオ成分の高いチョコレートなら食べ過ぎても太ることはありませんし、むしろダイエットになると言われています。

 

それは、原料となっているカカオマスに含まれているカカオマスポリフェノールのためです。チョコレートの香りは集中力や記憶力アップしますし、テオブロミンという成分が神経を落ち着かせることもわかっているので、ヨーロッパでは寝る前に食べることもあるそうです。

 

またダークには抗酸化物質が多く含まれていて、肌の乾燥を防いで潤いを持続されてくれ、食べ過ぎなければ美肌効果もあります。カカオポリフェノールは抗酸化成分なので、内臓脂肪を燃やす効果があり、食物繊維も豊富です。

 

毎日ビターやブラックチョコレートを食べるのは、内蔵や心臓にも良い効果があります。とは言え、食べ過ぎるのは太る太らないにかかわらず、内蔵に負担がかかりますのであまり良いことではありません。

 

 

 

ニキビを悪化させますか?

チョコレートは糖質の固まりなので、食べ過ぎるとニキビが発生したり、悪化することがあります。

 

ニキビの原因には糖質や脂質、そして保存料などの添加物が挙げられます。中でも、糖質は皮脂の原因となったり、体脂肪を増加させる原因となるので、チョコレート類は特に食べ過ぎに注意することが大切です。

 

チョコレートに限らず、糖質の過剰摂取はニキビの発生、悪化に繋がりますから、食べ過ぎに気をつけて楽しむ必要があるでしょう。チョコレートの食べ過ぎがニキビに影響する理由は、糖質の分解にビタミン群が不可欠で、肌に欠かせない栄養素が消費されてしまうからです。

 

チョコレートを食べ過ぎたと思った場合は、意識的に野菜を食べたり、マルチビタミンなどのサプリメントを摂取することが悪化を防ぐポイントとなります。ニキビは、普段の食事や睡眠といった食生活が治癒や悪化を左右するので、少し位なら大丈夫と油断しない方が懸命です。

 

糖質は老化を促進するという研究やデータもありますから、肌を若々しく健康的に保ちたいのであれば、栄養バランスを考慮して食事を摂取することが基本です。

 

ただし、我慢は逆にストレスを高めてしまい、どか食いの切っ掛けになることもあるので、食べても良い日や量を決めて、健康的に楽しむのが理想的です。

 

 

 

その他ウェブサイトはこちら

チョコレートの食べ過ぎによって、何かが起こる可能性があるということですね。

 

食べ過ぎは基本的には要注意ではありますが、太りたい方が食べ過ぎをしてしまうようなこともあるようです。

 

太りたい場合は、まずは情報を収集しましょう。